トップページへ戻る > ウッドピタとは > 確かな耐震性能

確かな耐震性能 ウッドピタは、公的機関の技術評価を取得

ウッドピタは、中部地区最大級の実験設備を整えた「矢作建設地震工学技術研究所」での様々な実験をクリア。実験〜検証を繰り返し行なうことで高度な耐震技術を確立し、お客様に「安全・安心」を提供いたします。(一財)日本建築防災協会等、公的機関の技術評価を取得しており、震度6強の揺れに耐える補強が可能です。

静的フレーム試験

ウッドピタは300以上の試験体による試験を繰り返し実施し、その耐震性能を確認。ウッドピタの商品ラインナップは、全て試験で効果を確認してから採用しています。ウッドピタブレースの壁強さ倍率は最大6.2kN/m。外付け類似工法の2倍程度、室内補強(構造用合板補強)と同等以上の強度を確認。ウッドピタフレームはさらに強い強度を確認しています。

ウッドピタ公開実験風景

※写真は、ウッドピタ公開実験風景です。

補強部材接合部の比較

従来の外付け補強だと矢印の方向に大きな負荷がかかった場合、梁や柱との接合部分がせん断されたり、引き抜かれたりしましたが、ウッドピタアンカーは補強部材の耐震能力を最大源に引き出し、柱と梁、土台部分の崩壊を防ぎます。

  • 従来の外付け補強
  • ウッドピタアンカー

実物大の家屋を使った振動台耐震実験動画

実物大の家屋を使った振動台実験耐震動画

矢作建設地震工学技術研究所では、耐震性の足りない全く同じ木造家屋2体に、一方は耐震補強なしのまま、もう一方にはウッドピタで耐震補強を施し、各々震度6強の揺れを加える実験を実施。耐震補強をしていない家屋が倒壊したのに対し、耐震補強した家屋は損傷もなく、ウッドピタの有効性が確認されました。

GET ADOBE FLASHPLAYER

※動画をご覧いただけない場合は、
FLASHPLAYERをインストールしてください。

公的機関の技術評価も取得

ウッドピタは(一財)日本建築防災協会をはじめ、公的機関の技術評価を取得しています。また、ウッドピタ工法は、名古屋大学環境学研究科の古川忠稔准教授との共同研究によるもので、確かな耐震効果を発揮することが実証実験で明らかにされています。

ウッドピタブレース
ウッドピタブレース
(一財)日本建築防災協会 技術評価取得
愛知建築地震災害軽減システム研究協議会 技術評価取得
●(半間タイプ・一間タイプ・半間上部タイプ・一間上部タイプ)
 東京都「安価で信頼できる木造住宅の耐震改修工法」選定 他

「地震工学技術研究所」の実験に基づいた矢作建設グループの耐震技術

地震工学技術研究所

矢作建設工業株式会社の研究機関「地震工学技術研究所」

ウッドピタブレースの実験風景

ウッドピタブレースの実験風景

ウッドピタ工法実物大家屋の振動第台実験風景

ウッドピタ工法実物大家屋の振動第台実験風景

ウッドピタフレームの実験風景

ウッドピタフレームの実験風景

ウッドピタ水平ブレースの実験風景

ウッドピタ水平ブレースの実験風景

逆対象加力フレームによる「セスレット工法」実験風景

逆対象加力フレームによる「セスレット工法」実験風景

  • 施工事例:セスレット工法

    施工事例:セスレット工法

  • 施工事例:ピタコラム工法

    施工事例:ピタコラム工法

  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • お見積り

フリーダイヤルでのお問い合わせ 0120-260-220